海外のお薬・サプリメント・医薬品・シントシノン(オキシトシン点鼻薬)の個人輸入なら eサプリストア
海外サプリメント通販、医薬品、シントシノン(オキシトシン点鼻薬)、スキンケア商品の個人輸入ならeサプリストア
top_barHome ご注文方法ご利用上のご注意よくあるご質問 サイトマップ会社概要 top_bar
カートの中を見る
 
search
search
space
member login
space
メールアドレス
パスワード

space
space
初めてご利用の方へ
categories
space
アイテム・カテゴリー
categories
space
目的別に探す
categories
space
話題のキーワードで探す
categories
space
サプリ・ミニ事典
美容と健康の基礎知識
海外サプリメント事情
メールお問い合わせはこちら


携帯サイトはこちら
http://www.e-sapuri.com/
QR


eサプリストアは、ジオトラストによって証明されています。ご購入情報はSSL暗号化通信により保護されます。安心してショッピングをお楽しみくださいませ。

お役立ちリンク
eサプリストアブログ
AVALON ORGANICSKINERASE
RENOVAJASON
NUTRA LIFEIMEDEEN
OBAGIDERMA e

クレジット安心宣言

Home>美容と健康の基礎知識
 
美容と健康の基礎知識
*
 
* 1.アンチエイジング *

  アンチエイジングとは

アンチエイジングは、歳をとることで全身に現れてくる肉体的、精神的な老化現象を改善し、実年齢以上の若返りを図ることですが、「抗老化」あるいは「抗加齢」ともいわれ、医療の世界においても、新たらしい分野として扱われるようになってきました。老化の原因にはさまざまな説がありますが、大きくは活性酸素などフリーラジカルによる細胞の酸化とホルモン分泌の減少による生体機能の衰えが根本的な要因になると考えられてます。アンチエイジングは単に美容という観点だけにとどまらず、脳の活性化を含めた全身の生体機能を対象として、細胞レベルでの機能の回復がその大きな目的になります。
 
  活性酸素について

酸素は人間が生命を維持する上で不可欠の物質ですが、呼吸によって得た酸素の3%は活性酸素となり、細菌やウイルスなどの有害物質を殺菌・攻撃して体を守っています。しかし、活性酸素は非常に強力で、これが増えすぎると体の細胞も傷つけてしまいます。このため、人間の体内では活性酸素に対抗するためにSODやグルタチオンなどの抗酸化酵素が作られ、また、抗酸化作用をもつビタミンやミネラルを体外から摂取することで、体内に発生した活性酸素をコントロールする仕組みが出来上がっています。活性酸素は、運動、ストレス、不規則な生活、飲酒、喫煙、紫外線など、ちょっとした体への負担によって発生し、その量が抗酸化物質によって処理しきれなくなると、細胞を傷つけDNAの情報を乱したり、細胞を死滅させてしまいますので、これが老化や病気の原因につながります。
 
  アンチエイジングと抗酸化
image ohoto
抗酸化とは、不安定な活性酸素に電子を与えて安定化させることで、無害な物質に変化させて、老化の原因になる過酸化脂質の発生を防いだり、遺伝子や細胞が傷つけられるのを防いだりすることを意味しています。大量に発生する活性酸素に対処するためには、抗酸化物質を積極的に摂取することが必要ですが、代表的な抗酸化物質には、ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、CoQ10、αリポ酸などの成分があります。また、植物由来のフィトケミカル(植物性化学物質)として、トマトのリコピンやブドウのポリフェノールなど、野菜や果物の色素や苦味、匂い成分などにも強力な抗酸化物質が含まれていますので、バランスのとれた食生活にすることで、体の細胞が錆びないよう心がける必要があります。
 
  アンチエイジングと成長ホルモン

ホルモンは脳の視床下部や甲状腺、卵巣、睾丸などの内分泌腺で生産され、目的に応じて血管に分泌される体内化学物質で、70種類以上が存在しているといわれています。ホルモンは全身における代謝の調節を行い、細胞や器官の働きをコントロールしていますので、ホルモンの働きは、細胞の機能回復を考えるアンチエイジングにとって重要な存在です。女性の更年期障害は、卵巣ホルモンの分泌が加齢にともなって減少することで起きるため、ホルモンを要因とした老齢化現象の代表例といえますが、成長ホルモンや男性ホルモンの分泌量もさまざまな老化現象と大きく関係しています。

ヒト成長ホルモン(HGH)は、脳の中の脳下垂体前葉という部分で作られる特殊なホルモンで、身長を伸ばす、骨や筋肉をつくる、脂肪を代謝するなどの働きがありますが、その分泌は10代をピークに減少し、40代で約半分になり、80代では20分の1にまで減少することが明らかになっています。また、不規則な生活や運動不足、睡眠不足、栄養の偏りなどもHGHの分泌量を減少させますが、成長ホルモンの減少は、次のような様々な症状の原因の1つと考えられています。

疲労回復の遅れ 性機能の低下
運動能力の低下 視力の低下
筋肉や骨の衰え 免疫力の低下
体重の増加 睡眠の質の低下
肌の老化 血管の老化
記憶力や集中力の低下 インスリンの働きの悪化
抜け毛や白髪    

成長ホルモンは、夜10時頃から深夜2時頃にかけて睡眠中に分泌されるため、規則正しい生活を心がけることが大切です。また、成長ホルモンの合成には、バランスのとれた栄養素が必要ですが、アルギニン、オルニチン、グルタミン、リジン、グリシンなどのアミノ酸は、成長ホルモンの分泌を促進することが明らかになっており、就寝前にこれらを摂取することでHGHレベルが上昇するといわれています。
 
  アンチエイジングとDHEA

DHEAは、デヒドロエピアンドロステロンという天然ステロイドホルモンの略称で、ヒトの副腎皮質においてコレステロールから作られます。構造的には男性ホルモンのテストステロンや女性ホルモンのエストロゲンに似ており、体内では必要に応じてこれらのホルモンに変換されます。DHEAの分泌量はHGHと同じく10代後半から20代前半がピークで、40代から大幅に減少しはじめ、60代ではピーク時の10〜20%になることが知られています。DHEAのアンチエイジング効果について、医学的な証明や科学的根拠は明らかになっていませんが、数多くの動物実験やヒトを対象にした研究の結果、以下のような効果があると考えられています。

抵抗力の強化 記憶学習能力の向上
血糖値の改善と糖尿病の予防 慢性疲労の改善
体脂肪率の減少と筋肉の増大 性欲減退の改善
抑うつ感の改善    

DHEAは性ホルモンの前駆物質で、若い方の摂取はホルモンバランスの乱れを招く可能性があり推奨されていません。40代以降の中高年の方がDHEAを摂取することで、性ホルモンの減少を要因とした諸症状に対する改善効果が期待されています。
 
  アンチエイジングとデトックス
image photo
アンチエイジングには、細胞レベルで衰えた機能を回復し、全身の新陳代謝を活性化させることが必要ですが、このためには、新陳代謝を悪化させている要因を取り除くことも大切です。体に入り込んでいる様々な有害物質は、そのような要因の1つと考えられますので、これらを体外に排出させる“デトックス”が、アンチエイジングのための手段として近年脚光を浴びています。

有害物質には、廃棄物を焼却する際に排出されるダイオキシンや、魚に含まれる水銀、排気ガスに含まれる窒素酸化物、タバコの煙に含まれるカドミウム、殺虫剤などに含まれるアルミニウムなど、数多くの化学物質や重金属類があり、これらの有害物質が体内に入ると体内酵素にくっついて酵素の働きを弱め、さまざまな生体機能が阻害されてしまいます。酵素はビタミンやミネラルと結合して働いていますが、消化を助ける消化酵素、新陳代謝や免疫力を高める代謝酵素など、生命活動全般に深く関わっており、これらの機能が弱くなることで、新陳代謝がスムースに行われず体調不良や老化を促進します。また、有害物質が体内に入ってくると、これを攻撃するために活性酸素が大量に発生するため、細胞自身も傷つけられるようになります。デトックスのためには、医療による治療、食事療法、運動療法、サプリメントの摂取など、いろいろな方法がありますが、便通をスムースにして腸内環境を整えることが最も大切です。
 
抗酸化のサプリメントはこちら
活力アップのサプリメントはこちら
若返りのサプリメントはこちら
デトックスのサプリメントはこちら

ページのトップへ